人は本場で実力の30%も出せない。

30%以下の自分、許せますか?


自分の実力に不安があるなら


稽古も練習も訓練もトレーニングも120%以上で行い


平常時を200%まで出せるスペックにあげる。



本番とは恐ろしいモノ。



普段の稽古の通りに出来ると思ったら大間違いです。





更に、本番とは舞台だけの話ではありません。

★会社でのプレゼンも企画発表


★ビジネスの交渉の場


★舞台でのパフォーマンスもライブ


★競技種目に挑むとき


★お客様の前


★いざといういかなる時

その成果はあらゆる要素に左右されます。



緊張もあるし体調もある。




人間なのだから浮き沈みもある。






パフォーマンスが左右されることは悪い事ではない。


でもそれは我々【非日常を提供する側】の日常での話です。





私たちパフォーマンスをし、舞台に立ち、芸を見せる側に立つものには



必ず【見てくれるお客様】が必要ですね。



その方々にとっては私たちの中途半端な30%などお見せするわけにはいかない。

そうSHOCOは個人的に思っております。




誰かのためにやるからこそ


常々、訓練は100%を越えてやる。


【30%のスペックが100%の見せれるモノに出来るまで。】



スティーブ・ジョブズだって
プレゼンには何百回も事前連写を重ねていたのだ。

自分の普段のノーマル値30%が
御提供にあたるレベルとなるまで高める。

それだけのことはしないといけない。



いかがでしょう?



私は自分の苦しさよりも

誰かの喜ぶ笑顔と涙の為ならいくらでも出来ると思うのです。






fbt