マルチ・アーティスト としての顔

ー 後藤 祥子 Shoko Gotoh ー

・舞台俳優
・フィジカルアクター
・振付演技指導者
・ボイス・ビルディング・トレーニングコーチ

 

多摩美術大学映像演劇学科演劇専攻卒業。

在学中に三輪えり花・Lutherヒロシ市村と出会い、卒業後も現在に至るまで師事、演技法・発声法を学ぶ。

2013年に演劇教育家・オペラ演出家の井田邦明氏に師事。氏が運営し教鞭をとるイタリア・ミラノの私校 ScuolaArsenareに単身とびこみで留学。ジャック・ルコックメソッドを主軸とした演技法を習得する。イタリア古典演劇やコメディ劇、そのほか身体に通ずる演技の基礎からあらゆる表現を可能とする技法を学ぶ。

独特のオーラを纏う身体描写力と俳優としての深い心理観察力が特徴。個人としての匂いを一切消し、人外、想像の産物や無機物を表現することも得意とする。演劇団体以外からもその異色のパフォーマンス力、惹き込み力を買われ、パフォーマンスイベントやイタリア大使館伝手のイベント企業からの出演依頼も数多くこなす。


三輪えり花演出での出演作にITI参加型翻訳劇シリーズ『ドロシーとオズの魔法使い』案山子役、『シンデレラ・シンデレラ』王子役がある。
またシェイクスピア遊び語り第14弾「オセロー」スタディプログラム公演にて、デズデモゥナを可憐に演じ好評を博した。その他、笛井事務所『愛の眼鏡は色メガネ」現代能楽劇『葵の上/巴』 七度『ビジテリアン大祭』劇団コープス『ひつじ増量計画』今秋全国公開予定映画作品ムーブメント担当、沖縄りっかりっかフェスタ2017ノンバーバルWSで卓越した心理描写で絶賛される。また舞台以外では代官山colectino2016『山口直樹SACRED NUMBER』専属パフォーマンス、笛井事務所『Trance』振付演技指導を務めた。

2020年は世間がコロナ禍に見舞われる中より意欲的にオンライン上での活動に力を注ぐ。
12月末には一般社団法人ITI国際演劇協会日本センター英連邦部会(現英語圏部会)主催のオンライン朗読公演「賢者の贈り物」にて主演を務める。翌年2021年末の再演時もさらに配信画面を越える、見ごたえのある演技を披露した。
2021年にはコロナ禍において主流となったオンライン公演への出演を重ねる。3月には三輪えり花氏主催によるシェイクスピア遊び語り第16段 記念すべき映像演劇作品【大嵐 Tempest】にて幻惑的な魂・貴族・船乗りの三役をこなし、演出助手も務めた。8月戯曲翻訳講座修了公演にてイギリスの著名な作家による三人劇【 EDWIN エドウィン 】にてコメディカル且つ妖艶なマダム役を演じる。




【占星術とボディパフォーマンスの融合】

俳優としての活動と共に、近年は天体占星術、中世の魔術文化の研究に力を注いでいる。

舞台発声と英国演技術の研鑽を積む中で、人間の内面に抗いがたい弱さ・生きる癖が存在することに気付く。

また自身が複雑な家庭環境に身を置いていたため、幼少期よりあらゆる人間心理・人間模様を知ることとなる。

結果として、それらを越える為にあらゆる精神面へのアプローチ法を試し続ける。

最終的にたどり着いたのが、占いの世界、星読みの世界だった。

 現在は古典演劇文化と占星術の繋がりを探究しつつ、鑑定時には人間の肉体・心身面へと占いの焦点を当て、日々星の齎す影響、関わり方についての情報発信している。【占星学研究家】と新たな肩書を加え、対面セッションを行っている。使用占術:西洋占星術、ボディアストロロジー(身体・医療占星術)、タロットカード。



  • 表現をするなら基礎を大事に。
    表現をするなら基礎を大事に。 Twitterの方でもボイス・トレーニング・コーチを名乗り始め […]
  • ~出演報告~
    恩師の記念リサイタルへ出演致しました。 Lutherヒロシ市村-芸歴40周年記念-第12回リ […]
  • 天王星逆行
    天王星の変革が、身体と心にやってくる。 天王星逆行 ひとはどれだけ自身の身体を信じ切れている […]