タロットの読み方

世の中には数数多のタロットカードの占い方があります。




そしていかなる手法も、占いとは読み手側、つまり占い師の技量とセンスで鑑定結果は変わります。







今日はたまたま良き一例を思い出しましたので、皆様にご紹介しますね。




至極スタンダードな手法ながらどんなご相談、占的にも対応出来るものですよ。




というより、SHOCOの読み方ですね。


ぜひ知って頂けたら幸いです。

ホロスコープ・スプレット




ホロスコープというと、読み方を占星術のそれと同じと思いがちですか実は違うのです。

違うというより読み方の視点がまた別技法になると言うのでしょうか。


私が普段天体占星術でご紹介してます星の配置を表したホロスコープと同じに並びにカードを配置するものです。




スプレットそのものの説明は個々では省きます。


沢山占い師さんや専門サイトで紹介されてますので検索してみてください。


(一つのスプレットにも数多くの流派、読み方、視点が存在します。
全ての読み方が共通ではない、別の占い師さんの読み方と違う、ということは普通にあり得ます。)


仕事に関して総合
 

 【環境に恵まれている分、無茶な行動に走らず地道な一歩を】



★この占的の対象時期、ワタシ自身の仕事運はかなり上々のようです。


【10】自分を主軸にした仕事については多数の仕事を抱える事になりそうですね。其れは身分相応以上に能力を求められる環境に。得られたのはここまで流れに乗ってきた結果でもある。


だからこそ、自分の思想や仕事に関しての理想を暴走させては失敗する。【12・11】
気持ちの方は焦りと共に兎に角意志に従って走り抜こうとするたびにアクシデントに見舞われるため傷つくことにもなる予想。



【3】常に緊張感漂う、冷静な判断、そして普段通り、スタンダードな仕事の均一性を要する状態になりそうです。ただそれだけ仕事に気を傾ける必要がある状態になるということは少なくとも暇にはならない、と。

まずそこに問題がないかあとからトラブルに発展しないか。
情報伝達が仕事の主体となるので感情に流されることなく、偏りの判断はNG。



★【6】就業従事先での仕事にはどうやら先が見えてくるようです。
このカードならある意味円満な満了を迎えるようです。まだ先の話になりそうですが
一つの区切りと





まとめ

【 堅実第一。基礎をたいせつに ヒトの話を聞くこと。 】







今回はまずここまで。




最後にひとこと。
「なんて色気の無い・・・。」



そういう時期なのですね。トホホ。



※こちらはSHOCOのある時期を総合的に占ったスプレットです。


そも、仕事運を主に診たいと思って引いたものの、なんと艶めかしさのかけらも無い・・・。



でもいいのですよ!運命とは自分で創り上げていくもの。




その後の選択一つひとつ。行動次第でいくらでも未来など変えられるのですから。





この鑑定結果ももっと面白いサインとカード同士のリンク性が秘められています。


今後も少しずつ掘り下げ方をご紹介していきますね。




それではまた。




筋トレ占星術師SHOCO

https://shoco.info/menu/