変身願望

0 0
Read Time:33 Second

人はなぜ、変わりたいと願うのでしょう?







人はなぜ変わりたい、と願うのでしょう?





わたしも当初は




変身したいということは、その根底には今の自分自身から脱したいという願いがあるはずと、考えておりました。




今の自分が嫌だから。

いまより良くなりたいから。


自分が好きになれない。

好きな自分自身ではないから、他のものになりたい。







でもさまざまな人と出会い、お話をしていくなかで

そして自分自身のなかでも多くの葛藤を経験して、あらたな考えが見えてきました。






つまりね。



「変身願望」を抱く人は実のところ、叶うことならいまの自分から変わりたくないし、捨てたくないと願ってもいるということです。





いまの自分では太刀打ちできない状況にあるけれども、いまの自分のままで何とかしたい。



というのが本音だったりする。







「変身」とは蛹が蝶にかえるもの。


全くの別物になることを指します。





変身したさきの未来には、温かい繭に中でおさまっていることは出来ません。


眠っていることも叶わない世界が広がっている。






その代わりに羽をもつことが出来る。




持ってしまった羽は、使わないと「変身」した意味がない。






と、御自身のきびしいみなさまはお考えになるのかもしれませんね!!





さも「変身、変わる事」が大変で後戻りできなくて、自分にとっては至極困難な事だと思い込む。


そして足踏みをして進めない方は多いと思いますよ。




でもね。

「 変身願望 」 は すぐに叶えられますよ?




それも、思っていないような簡単なことで。



捨てる と 変わる はべつものよ。



「変身」とは容易いものではありません。


あれあれ?と思われるかもですね。


さっきまで簡単といってたじゃないかSHOCO!!




まあ聞いてください。





「変身」とは変わることです。



みなさまの胸のなかの「変身」はどうですか?

どんな意味を内包していますか?




恐らく「己を捨てなければならない」に近しいものがあるのでは?



どうしても大切にしてきた自分と決別しなければならない、なんてことはそう簡単に受け入れらえるものではありません。





という感じに、少々過激な思想に偏りかねないほど、

魅力的でもあり、強烈な行為ですから。





でも実は、それは「変身」を「まったく別の存在にならなければいけない」と勘違いしているから起こるのですよ。






変身とは苦しむための行為ではありません。




ただ必要な事は【一度、自分を置いておく】これだけです。




【置く】ということは、またいつでも拾い上げられし、眠りから覚めたようにまた元の素の自分自身に戻れる。という意味です。





そして「変身できる自分」を疑似体験することも可能です。






元の自分の素材を活かして少しずつ変えていく。



ガラッと見た目だけでも大変身してみる。






そういった積み重ねをしていく事で、案外重く大切にし過ぎていた自分って存在は、そんなに大したことない。そこまで執着するものでもなかった。





と実感するようになってくるのです。






自分を手放し、全く別の存在としての目線で知ることが出来る体験の前では、





繭のなかでヌクヌクしていた日々も過ぎ去った過去に過ぎない。





今目の前に広がる世界に精一杯なるのですから。







「変身願望」で止まらず思い切って「変身」しちゃいましょう。





よい一日を。








マルチ・アーティスト後藤祥子こと
筋トレ占星術師SHOCO

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA