0 0
Read Time:24 Second

①そもそもクセとはなんぞや??

発声時のクセとは、

•生まれたままの肉体の差、もしくは成長過程における使用度によって生じる呼吸器、発声機構そのもののバランスによって生まれるもの。

•【当人がもっとも出しやすい声】
に傾くのが発声機構。その差がクセです。

②そもそも【声を出して表現する】とは??

お悩みの方の多くはプレイヤーで、クリエイターではないでしよう。その場合の表現とは、自分以外のだれかが作った

戯曲、物語、歌曲、仮想の人物像、音の配置、言葉づかい、音の高さ、音の幅、厚み、大きさ、拡散性などを

再現することを指します。

つまり最初から【自分性を排除して他者のまな板の上に乗らねばならない】のですね。

それに叶っていなければ、ダメ出しされるわけです。つまり。

酷な話ですが、あなたらしさは、必要とされていないのです。

③クセの矯正はどうしたら??

冒頭でお伝えした通り、クセとは当人が出しやすい傾きの方へ流れた結果、出された声です。

ならばその傾きを矯正せねばなりません。

特に若い方、お年を召した方は体の成熟度、制御能力が発展途上であるがゆえ現時点での身体能力で変化を求めるには足りない場合があります。矯正するためには、
🌟肉体そのもののコントロール力を高めることが必須です。

体のクセを出さずに、己の力で
【求められる声、ことば、演技、歌】を作り出すための、体づくりをしなければなりません。

これはマインド云々以前に
音を出す肉体そのものの大改装です。

ながくクセに悩まされ、発展が見られない方は覚悟を決めて体作りを始めることをおすすめします。

🌟【 ボディトレーニング式
ボイス・トレーニング・レッスン】

の門戸を開いております。

発声、演技、パフォーマンス力に自信がない
もっとポテンシャルを高めたい
俳優、声優、舞台人へ

また舞台とは異なる一般の専門職ではない、でも
己の発信力、言語能力、会話能力、コミュニケーション能力、発声能力に悩みを抱える方からのご相談もお受けしてまいります。

★端的な台本読解のご相談
★演目に合わせた声の微調整
★演技指導
★一般の方のプレゼン、アプローチのアドバイス
★ステージでのプロレベルの振る舞い方、声の出し方
など

お問い合わせをお待ちしております。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA