1 0
Read Time:1 Minute, 3 Second

23.April Aquarius`s Waning moon 水瓶座下弦の月



月:国民、大衆、個人の内面

水瓶座3度 H2-3 牡牛座太陽とスクエア、山羊座冥王星と合
「5月1日の牡牛座新月にむけて月が欠けゆく半分の工程まで到達した。」

=さきの26日天秤座満月でむかえた「状況のひと区切り」「ひとの進退」「関わり合いの境界」「あらたな目標」などがつぎの段階にすすむためにやるべきこと、工程がより明確に、精査されてゆく段階。

さらにそのひと区切りとも言える。

・サビアンシンボル(角度数のもつ意味・要素)
海軍からの脱走兵
環境から立場的な束縛以上に、感情の矯正までされそうになるが自由な生き方をもとめて外に飛び出す。生きる場所をどう選ぶか、自由な思考へとむかう。



太陽:国家、政府、首脳

牡牛座3度 H5-6 山羊座冥王星・水瓶座月の合とスクエア、魚座火星とセクスタイル

・サビアンシンボル
開花したクローバーの芝に足を踏み入れる
与えられた環境のメリットを最大限に得るために個人性をわきに置く。その結果具体的な幸運に恵まれる。



《 下弦の月 配置図の分析 》


・牡牛座水星、ドラゴンヘッドH6・水瓶座土星H3がスクエア

「この土星は未来的な情報発信のあらたな技術推進を望みます。それも実現性をとことん重要視し、なおかつ小さな範囲では収まりたくない性質を持ちます。ここで土星特有の凝縮、現実、顕在化の力はいかに今は困難かもしれないまだ届けられていない人々のまでくまなく隅々と情報発信ができるのか。そういった試練を与えて来るでしょう。いまあなたが何か叶えようとしていることがあるならば。もしそれが将来的に仕事でも趣味でもライフワークにおいてでも、アウトプットを要することならば、既存のキャパシティーに留まるよりも、そとの世界に向けて視野を向けなければいけないと、現状の限界を突き付けてくることでしょう。

そして更なる課題として立ちはだかるのが不調和の角度にあるH6牡牛座の水星です。
水星は元来、コミュニケーション・メディア・流通を表す星で、土星の試練に対してあとおしをしてくれそうなイメージです。しかし今回の配置ではそうはいかないようです。

現物的な豊かさ・育成を表す牡牛座の水星とはつまり【お金の情報】です。それも手元にあるお金、人脈ですね。それがH6【義務、負うべき立場、やるべきこと】にあるということは何をさすのか。

牡牛座は一朝一夕とはいえない長期戦を表す星座です。持つ資産、能力、人脈をいかに有益に育てあげるかを目標とします。なので此処では「いかに必要性に迫られたことでお金や人材を動かすのか示さなければならない」と読めます。また座する牡牛座の22度は「荒れた水の上を飛ぶ白い鳩」ひとびとの心が乱れ判断に迷う時、ピンチの時にこそ神の使いたる鳩が来て道を示してくれるという意味です。より簡潔に言うなら、伝統や宗教に準じる。これまで大切に守ってきた使命の軸を大切にするということでしょう。そこに前述の必要性を合わせるなら「習慣化してきたこと、慣例のごとくおこなってきた、まさに行おうとしている物事に関して、ほんとうに今必要なのか示さなければならない。」

この牡牛座のエネルギーが水瓶座の土星と摩擦を起こします。その結果、月の表す「集団・コミュニティからの脱出」を望む心情が人々のあいだに湧き立つことでしょう。


これまで属してきた集団、組織に対して、いままさに意義申し立てを考えている方にはとっては
激情に駆られないよう冷静さを要することでしょう。もしくはこれをいい機会として一線をひくのもまた個々の判断です。


今回の月の配置や不調和の角度を形成する星々の間では明確な【個と集団、One for All,All for One】を強く示した天秤座満月からの流れが感じられます。さらに目標とすることに対してどういった試練が待ち受けているのかわかりやすく示していると言えます。


23日は特に個と集団のぶつかりあいが想定されます。こいうった場合、焦点となるのは宗教や伝統にありがちな「大人数が有利」の構図です。初めは異端扱いだったキリスト教が信者の数を増すごとに他の多神教、古い神々への侵攻を押しだし、最後には吸収するにまで至るのです。伝統も土地の習慣行事も人数が多いから根付いているのです。

ここで注意したいのは多数側の人々にとっても同じ試練があり得ることです。ついこちらの方が賛成人数も多いと油断をしていては、「じゃあ辞めます!!」「出ていきます!!」と有能な人物との離別を経験することにもなりかねません。互いに双方の意見の有益性で対話することが必要です。」




・牡牛座天王星H6と魚座金星・ICのCJTのセミスクエア

「 ーまたもしこの時点でだれかとの別れ、離別、線引きや、将来ゆめみていたことが断ねんされたとしても、それは新たな希望へとなるモノです。


魚座には現在4つの天体が集結しています。これらのエネルギーはまるで聖地にむかう巡礼者の趣に近いと思います。目的地にむかう道中どこでも清らかなこころを忘れなけれな、そこが貴方の居場所、家である、守られていると言っているかのようです。ひとはときに現実世界において成果や報酬を求めるあまり、急ぎ過ぎたり、なにかを突き放してしまったり、身を削る様にさきへさきへと進もうとしてしまいます。まるで「いまここにいてはいけないんだ!!」と云わんばかりに言い知れぬ焦りに突き動かされるようにです。

でもはたしてそうしたところで手に入れらるものなどあるのでしょうか?とこの魚座は語っているようです。魚座はこのときH4にいます。【土地・物件・領土・帰する場所・母】の場所です。そしてヒトのプライベート領域を表すICに金星が重なっています。

まさに「住めば都」「あなたの気持ち一つでソコが安息の地」と云わんばかりの配置です。対向のMCが指す乙女座は社会的な活躍の場所を個人の能力にあわせて選び取ってゆくエネルギーです。が、魚座はもはや分け隔てすることなくその場を居心地のいい場所にしてしまうことができるのです。また自身のための場所に作り変えてゆくことに強い欲求も抱くことでしょう。気に入ったならとことん!!金星・火星の力を木星・海王星が無尽蔵に増幅している状態です。


今の場所が心地よくないなら牡牛座水星のエネルギーが示すよう、変えるに値する有益性、必要性を示し、周囲を納得させること。場所を作り変えたいのなら限度をわきまえる分別をもつこと。どうしても叶えたいことがある、目標があるけれど其れが今の状況では叶わないならば、他の場所をさがすのも一つの手。すべてはあなたの感情のコントロール次第。良い方向へ向かわせるなら、ちょっとやそっとの路線変更は受け入れる覚悟で。」










まとめ



今回の水瓶座下弦の月はまだ皆さんの周辺環境が引き絞られてゆく過程のひとつにすぎません。

5月1日にはことし最初の牡牛座部分日蝕が起こります。
また既に山羊座にいる破壊と再生の星、冥王星も逆行に転じる準備に入っています。
牡牛座の日蝕の直前には水星も双子座へうつり、さらに皆さんの世界と触れあいたい言語コミュへの渇望を強めていくでしょう。


つねづね申しておりますが、星のエネルギーはヒント、きっかけに過ぎません。
何が起き、なにをしたとしても、それらは全て、はじめから人々の内側に存在していたこと。

それらが時にこうして芽吹いて社会にさまざまな波紋を広げてゆくのです。


なので日々、御自身様にとって最良のときをお過ごしください。


そしてその時その時の御自身さまを信じて。


良き導きがありますように。





By-Astrology player Shoco

==============
フォローをぜひお願いします。
➡https://twitter.com/Shoko_fortunera @Shoko_fortunera
https://www.instagram.com/shoco_acting_muscle/?hl=ja @shoco_acting_muscle
==============

Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA