自分の実力に不安があるなら 稽古も練習も訓練もトレーニングも120%以上で行い 平常時を200%まで出せるスペックにあげる。 本番とは恐ろしいモノ。 普段の稽古の通りに出来ると思ったら大間違いです。
声は感情。 語る人のあらゆる内的情報をつまびらかにします。 そして聞く手側が無意識に受取る【印象】これが何より恐ろしく精度が高い場合があります。 例えば、喉だけを絞り使った話し方ですと相手は緊張感や興奮、切羽詰まった印象を受けます。 そうすると、人は自然と聴くことそのものを拒絶してしまいます。
これまで相談者様から頂いた感想の一部をご紹介します。 「SHOCOさんの柔らかい雰囲気やお声が心地よく、沢山伝えることが出来ました。また、性格等も当たっておりー