火星がえがく あなたの未来

0 0
Read Time:56 Second



私たちはそれぞれ、自分だけの火星の力を得て生れて来てます。

そして、その力は今まさに宙で輝いている火星からも


多くの影響を受けながら生きています。




でも、火星の力は強力です。

ときに私たちつい行き過ぎた行動をとったり、思ってもいないような言葉を発してしまったり。

やり過ぎてしまった、行き過ぎてしまった。そんな経験はありませんか?




私たちの中の知れずに燃えている炎 「火星」


それは一体どんな星なのでしょう?

二つの顔を持つ星

いきなり、質問です。


破壊と狂乱の戦いの神
戦と農耕の神

貴方がなりたいとおもうのは、どちらでしょう?




火星 マーズ Mars、その名前の由来には多くの説があります。


ギリシャ神話とローマ神話。


双方共にどちらも戦、戦いの神がいます。

が、多少違いはあります。





ギリシャ神話では破壊と狂乱の戦いの神 アレースは暴れん坊。

戦場の破壊と狂乱の性質を神格化した姿で描かれています。



対してローマ神話は戦と農耕の神 マルス。

これはローマそのものが牧歌的な農耕民族で在ったためと言われています。

戦で勝てば敵の領地を奪える。そうしたら田畑も増える。
田畑が増えたら収穫も増え国も潤います。
つまり当時のローマの人々にとって戦いと牧畜はイコールだったのですね。

この二つの文明での捉え方の違いは

現代の私たちにも続くものがありますよ。



そんな好戦的な火星は、占星術の世界だけにあるのではなく

タロットカードの世界にも存在します。

タロットカードの中の火星

タロットカードの中にも「The chariots 戦車」というカードがあります。


戦車は戦車でもこれは凱旋馬車です。

つまりパレードの山車ですね。乗っているこの人物は王子様。

山車と一体化してる姿は、意志と行動力が直結している姿です。



王子様は、全てを兼ね備えた万能性をもっています。

金も、名誉も、見た目も、そして意志も。


全てが保証してくれるレベルで揃ってるからこそ

何も迷うことなく直ぐに行動できる。行動したい。



つまり、闇雲に見切り発車をしているわけではないのですね。


そこに火星の力をコントロールする秘訣が隠されていですよ。

では、火星の力とはそもそもどんなものなのでしょう?

火星が表す力とは?

星が何を意味しているか説明する際、日本語は結構厄介だと私はかってに思っています。

ニュアンスが難しいのです。


例えば、太陽は「I、am」私で在る、ですね。


月が「feeling,famous」感じる、人気。


金星は「I love ,Beauty」愛する、美。


では火星は?

私は全ての意味合いを込めて「I doing」行うだと思っています。


火星は「闘争・決断・セックス」

その他トラブルや、主に人の行動力エネルギーの使い方に由来する星です。




しかしより単的に言い表すならば「行う Doing」




これまでお伝えした火星に関することは全て、行動あってのものです。

逆に言ってしまえば、火星から「行動性」をなくせば他の意味も全く当てはまらなくなるのです。


トラブルとは何かが動いて、誰かが動いた結果として生じるものです。


よく今まさに空で輝いている火星が、ある角度を取ると、事故や事件が多発するといわれてます。それは火星が人間の「Doing 行動力」そのものに影響を及ぼす、そしてその結果としての事件事故なのでしょう。






ヒトが自分の意志で動く。

素晴らしい事ですが、その力の使い方を学び取るにはそれ相応の時間が必要になってきます。



何故なら、火星の「行動したい」「行動力」「戦い」は

意志であると同時に、「欲求」でもあるからです。



「欲」は日の中に自然と備わっている、「原動力」ですが


ここから意志を離すと途端にそれは「トラブル」に変わってしまいます。


何かを成し遂げる為、得る為に誰かから奪ったり、争ったり。



其れが許されていたのは遥か大昔の神話が現実だった世界です。



ではどうやったら私たち人間は火星の力を扱えるようになれるのでしょう?



自分の火星を知る事

衝動に抗い、扱うには「一体何を求めているのだろう?」と

自分自身を知ることが、なにより有効な手段です。



案外この質問をされて、はっきりと思い描けない方は多いのですよ。

だから不安に思わないで下さいね。




なにせ現代は闘って奪ってが全てだった戦乱の時代とは違うのです。

多様性にあふれ、ものも情報も生き方も選び切れない程に広がり切っています。



だから、奪う以外にも「耕し、育む、植える、育てる」
選択肢も選べるのですね。

今日この記事で火星のことを知って貰えたように、これから自分の事も知っていく事が出来ます。



もし「何を求めているか」知ることが出来たら


今度は「その為に何が必要か」探ることも出来るようなります。


タロットの戦車の王子様の様に、環境か?外見か?


馬車か? 馬車を引く馬が要るのか?(あれはスフィンクスですけど)

それらをどのようにして揃えていくかも火星の「行動力」「意欲」です。





最初の項に戻って、質問です。




皆さんはどちらになりたいですか?


破壊と狂乱の戦いの神 アレース

戦と農耕の神 マルス


火星は二つ持ってます。


ただ破壊を尽くすことも出来ますが


それ以外にも求めるものを手に入れる力を沢山持っていますよ。


それは貴方のなかにもあります。





筋トレ占星術師SHOCO

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA